逃亡見聞録_d

南から逃げてきた

長い。多い。

昨日は2時間、一昨日は2時間、今日こそ無いが、週明けに3時間、なぜ、ミーティングがこんなにも長く、頻度が高いのか。疑問に思わんのか。

無駄な会議を批判する人々は常に存在する。しかし、無駄な会議は無くならない。その理由が自分がウンザリするほどミーティングに参加して初めて気づいた。

恐らく「無駄な会議」は存在しない。

私が参加した会議のうち、私が必要な会議とはいくつあったのだろう。進捗を聞かれて、答えただけという場面はいくつもあった。問題提起や解決案の提示なんて、私はあまりしたことがない。時たま意見を出しても、撥ね付けられてしまう事が何度かあった。普通にしょんぼり。こうして人は墜ちていく。最近は、空に向かって相槌を打ち、何か聞かれたら答えるだけ。全自動な営みをひたすら続けている。その様は打ち捨てられたBotアカウントを思わせるだろう。思わんか?これでは会議に参加する意義を見つけられるわけがない。

相槌(+頷き)をtweetしながら、ミーティングの内容を聞き流す。どうやったら、心身ともにミーティングに参加できるのか。私には分からない。藁にもすがる思いで、仲の良い先輩に尋ねてみる。

「俺、ミーティング中寝てるからわかんない。」

聞く相手を間違えた。クソかよ。そういえばこいつ、業務中に船漕ぎまくってたな。心中悪態をついて、話題を終わらせようとした時、

「そもそも、個人間でやりとりしてれば、定例のミーティングなんていらんしね。」

なるほど、と思った。確かに、ミーティング以外でやりとりをしていれば、ミーティングなんぞはいらん。この大ネットワーク時代、いい大人が小部屋に集まってうーむと頭を傾けるだけの時間なんていらん。小学生ですらLINEグループでやりとりをしている。

アジャイル開発におけるミーティングの意義ってなんだろうと少し調べてみたら、定例ミーティングを全否定している記事を見つけた。正確に言うと、Yegor Bugayenkoさんの記事:Daily Stand-Up Meetings Are a Good Tool for a Bad Managerを和訳した記事、である。2015年夏と古いかもしれないが、マネジメント手法は最新であれば良いというものでもない。

www.kaitoy.xyz

プロジェクトマネージメントにはコミュニケーション管理が必要だ。 情報伝達フローが適切に構成されていれば、チームメンバはいつどのようにマネージャに報告すればいいかが分かる。 何か問題が起きたとき、そういう状況をどのように報告しなければいけないかを全員が知っている。即時、直接報告するのだ。

まさに、先輩が言っていたようなことをこの記事は発信している。まぁ、先輩はただのプログラマーで、単純に集団の中で何か喋るのが億劫ってだけだろうが、この記事は「マネージャー」という立場に焦点をあてていて、かなり灰汁の強い文章だが、それなりに納得できる。

  1. 「複雑なタスクを小さいサブタスクに分解する。」
  2. 「それらを部下に委譲する。」
  3. 「報酬と、ペナルティと、ルールをはっきりと伝える。」
  4. 「 報酬はちゃんと支払われること、ペナルティは免れられないこと、ルールは厳格に守られることを確実にする。」

上記の4ステップをやっているマネージャーを、私は知らない。そもそも、日本企業で3、4を実行できるほどの権限を持つマネージャーっているんだろうか?

みたいな話を大衆居酒屋で先輩に話したところ、「お前は俺の最終出社日にそんな話をすんのか。」と若干キレ気味だった。この人とは長い付き合いになりそうである。

反劇的人間

やる気が起きない。というか、今までの人生でやる気があった時なんて、ほぼなかったような気がする。

小中高大、学生時代は一貫してやる気を出せと言われ続けた。基本的にめんどくさがりで小賢しい人間なので、自分が興味のない物事は人のやり方を真似したりしてやり過ごしてきた。グループ作業なら、「そういうのいいね」「なるほど」。肯定的な相槌に終始する。それなら非難を浴びる事はない。

自分の興味が惹かれる物事に関してはどうだろう。と思うのだが、これも他人が介入してきた途端に、やる気がなくなる。大学在籍時、サークルでやっているバンド活動に、無関係な古株が口を挟んでくると急速にやる気が失われていた。

このまま、社会人になってしまって良いのか?と不安もあったが、二つほど、気づいたことがある。

一つ目、自身の興味がない物事はやり過ごすべきなのだ。むしろ、この姿勢を社会人として洗練させる必要を感じている。時間は有限なのだし、どうでもいい事象に構うなんて無理ですよ。やり過ごす手法としては、今のところ、「自信無さげに仕事を受け、ある程度まで手をつけたら人に投げる(泣きつく)」がベストプラクティスなのだが、最近は泣きつく相手が自分よりもやる気がない人物である場合も多くなってきた。どちらにしろ、キャリアを積んでいくにつれて使えなくなってしまう。まだまだやれるはずだ。

二つ目は、古株のアドバイスは本気で役に立たないので真剣に受け止める必要はない。これは古株が仕事できる/できないは関係ない。なぜなら、新人や若手にアドバイスしようと考える人間は、まず、相手の理解力やら、どこまで知見があるのかやらを大体把握していなければならない。しかし、そんな七面倒な事は誰もやらないだろう。それに、手前勝手なアドバイスをするよりも、相手の質問に真摯に答えてあげる方が有意義だろう。ならばなぜ、俺の話を聞けとばかりにアドバイスする輩が絶えないのか、彼らは決して馬鹿ではない。ただ、「後輩が話を聞いてくれる」事象に執着している。この東京砂漠、自分の言葉に肯定的な相槌がひたすら返ってくる感覚を追い求めているのだ。一度は皆、耳にしたフレーズ「頻繁に顔を出すOB」。馬鹿にしてはいけない。誰しもが心の隅にこいつを飼っている。他者肯定感を欲しがっているだけなのだから、いくらでも愛想をプレゼントしてあげればよかろう。

この二つに気づけたのは、社会人三年目にして大きな進歩だった。生きていける。やる気がなくたって、俺は生きていくぞ。

関東に出てきて驚いたのは、虫に触れない人が結構いるということだ。老若男女、その分布はひろい。道路に虫が飛び出てくるだけで悪態をつく。別に大の虫好きてはないが、そこまで嫌うかなぁと正直思う。

一度、関東出身の友人数名に尋ねてみたことがある。いずれも、素手で蛾を捕獲する自分を「野生児」の罵った連中である。こいつらは部屋に蛾が迷い込んできたことが無いのか?窓ぐらい開けろ。

以下、友人達の弁である。

汚い。色んなものがつきそう

こういう手合いは想像力が足りない。貧困で不毛な思考の連鎖の末、何らかの虫を触れる人間は、ゴギブリやらカマドウマやらを平気で鷲掴みにすると信じているらしい。笑止千万。自らができないことを全て異常だと考える馬鹿な連中である。ただ、蛾を外へ逃がした後、いつも手持ちのウェットティッシュをそっと渡してくれる。ありがとう。

潰しそう

己の力を制御できない哀しきモンスター。もしくは拳を握る寸前の状態を作り出せない人智を超えたぶきっちょ。鉛筆や箸の持ち方がおかしいのは言うまでもない。一方で「一寸の虫にも五分の魂」を胸に秘める情熱家でもあり、虫の身を案じる慈愛の心を持つ。正直憧れる。

窓開けたら出ていくじゃん。

やらなくてもいいことはやらない。部屋に虫がいる、という状況を皆がどう思うのか全く考えないサイコパスゆとり世代にあるまじき道徳力の低さは友人の数と比例している。さらに言えば、「窓を開けておく」という行為に何の疑問も覚えない、一点の曇りもない自分への自信。パソコンが壊れたら当然のように「何もしてないのに壊れた」と抜かす顔が思い浮かぶ。思惑外れ、二匹目が入ってきてしまった時の慌てようは皆の顔をほころばせる。飲み会には絶対に呼ぶ。間違いないから。

以上のように、虫が触れない関東人はハッキリとした二面性が見られる。口を酸っぱくして言うが、「東京」ではない。「関東」である。茨城群馬山梨静岡長野もそうかな。神奈川もか、どこか忘れているかも知れないが、野を駆け山を駆け、電車と温泉の数が反比例する県出身の方々も、のっぺりとした口でイナゴを食べ、家に入り込んだ虫達に畏敬の念を禁じ得ないのだろう。ただ、私は関東出身の人が何故か馬が合うので、彼らの前では積極的に蛾を捕まえるのである。無論、素手。

フレンズオアソープ

空腹

最近、腹が空いている。腹が減ってる時に腹が減ったと思うのは非常に動物的で、けものフレンズだと思う。ただ、如何せん食べた後に「なんか物足りないな」と思うことが増えて来た。

自分は、というより、自分の肉体は風邪イコール栄養不足だと結論づけるらしい。風邪気味だと軽い飢餓感に襲われ、食後にタバコやら飴やらを咥えていないとどうも落ち着かないといった具合だった。

しかし、最近はどうも違う。何かを咥えて誤魔化すことのできない。飢餓感とは違う、具象の飢餓が起こっている。先ほど裏ダブルチーズバーガーのセットを食べたのに、ファミチキを食べたくなっている。腹の肉もだぶついてきた。このままでは……。

選挙

選挙に参加したことが生まれてこのかた一度もない。こんな話を周囲にすると、社会人としてあり得ないだとか、高校三年生以下だとか、意識の低いゾンビ、動物とか言われてしまうのだけど、何故、皆それほど政治に積極的になれるのか全くわからない。あんなのどうでもよくない?とか思ってしまう。

来たる6月23日だか7月2日だかの東京都議選も全く興味が湧かない。だってめんどい。というか、あの投票した人間の投票してない人間に対する態度はなんなんだよ。何も成し遂げてねーよ。スカしてんじゃねーぞコラ。

しかし、そろそら自分も20代後半。そっぽを向いていた事柄にも向き合わなければならない。

もう20代後半。まだ20代後半。東京オリンピックの開催年はギリギリ20代だが、一年の流れる速度は年々増しているので、とてもじゃないが流暢に構えていられる歳ではない。

三十路になるまでに何かを達成していたいし、少し大人になっていたい。

あーソープ行きてー

Don Caballero - world class listening problem

Don Caballero

久しぶりにCDを買った。

World Class Listening Problem

World Class Listening Problem

Don Caballero のメジャー移籍作1枚目、Rlapseから2006年にリリース。

正直にいうと1曲目で笑ってしまった。メタル演っちゃいました感が凄い。ダッダートゥルルールダッタララ

Touch and Goからリリースされていた作品に比べると相当粗くなっている。リフを重ねて構築云々の印象はない。楽曲構成は複雑だけども音圧も均一っぽいし、これがメジャーか。

オススメは5曲めの Palms Trees In the Fecking Bahamas 2007年の東京でのライブ動画があった。3人で演ってんのかスゲーな。


Don Caballero - Palm Trees In The Fecking Bahamas

この作品に比べると前作は凄い可愛げがある。ジャケットも然り、

American Don

American Don

この曲最高なんだよな。手前のギターは現BattlesのIan Williamsかな。


Don Caballero. Live In Seattle 1999. Part 2

ハレルヤ、

歪み

ある程度年齢を重ねた人間は皆、どこかで挫けてしまったのだろうと思う。

先々週、上司のハゲと二人で飲んだ。道中、目につくもの全てにコメントをつけるハゲを尻目に店を探し、なんとか入れた店はチェーン店だったが、おかまいなしに彼は上機嫌だった。

最近、どうもハゲは様子がおかしい。会社への呪詛しか吐かなくなり、反比例して自分への当たりは随分弱くなった。時折、労いの言葉すらかける。何かの前触れかと戦々恐々としていた矢先の飲みの誘いで、タダ酒への欲望よりも得体の知れない恐怖が勝っていた自分は体調不良を理由に断ろうと思ったのだが、なんとなく寂しげに漂う彼の髪を見ていると、付き合ってみようかと好奇心が心の猫をぶち殺してしまったのである。

饒舌に幼少期を語るハゲの言葉を左耳から右耳に流していると、タバコが切れてしまった。失礼を承知で、というより自分が吸っていたのはハゲのタバコだったので。買いに行こうと断りを入れると、1000円札をくれた。髪は薄いが気前は良い。

日本人の中年男性は世界一孤独だそうな。理由は仕事や趣味、なんらかの要素で共有できるものがなければ、口を開かないかららしい。ご多分に漏れず、ハゲもそうだろうが、こやつは仕事の話すらしない。もしかすると、世界一孤独な日本の中年の中でも、トップクラスに孤独な部類なのかもしれない。心中、マザーテレサがハレルヤしてくる。

タバコを二箱買って戻ると、ハゲはカウンターで爆睡していた。これはひどい。notハレルヤ。そのまま店を出て行きたかったが、こいつとはまだ半年以上、席を並べて仕事をしなければならないのである。

鼻で嗤う墨

近所の桜に気づくと緑が少しづつ混じるようになり、すっかり春も馴染んだところです。新入社員の方々も社会人の無責任なアドバイスに慣れ、隠れて鼻で嗤うくらいはそろそろしてくれ。

先日、自分の所属するプロジェクトに中途採用の新人が配属された。新入社員でこそないし、自分よりも歳上だったが、久々の新鮮な空気を喜んだ。なにしろ今までずっと上司ハゲと二人きりだったのだ。正直、なんでもいい。正直、仕事とかしなくてもいい。正直、人じゃなくてもいい。正直ベース。

しかも、この新人、「未経験で1番できる」と営業のお墨付きである。未経験で1番できる?なにそれ?と正直、今になっては思うが、正直、降りかかるタスクの量に四十肩になりかけていた自分は、正直にマジで嬉しかった。正直ベース。

配属されて来た新人は、とても感じの良い人物だった。いや、かなり良かったと思う。多分。なんか、人当たりの良さが脇とかから出てたし、礼儀も完璧だったような気がする。まぁ、正直に言うとあんまり印象が残ってない。正直ベース。仕方ないベースで言うと、配属3日目で出社拒否したんだから仕方ない。

出社拒否の理由は「鬱っぽいやつになった」。ハゲ上司はもう感想も何も無かったらしく、言い訳がましい営業からの電話を無言で応えていて、向こうが会話に詰まった瞬間、速攻で切っていた。

それ以来、新人は姿を見せない。会社に尋ねたが連絡取れず、音信不通だそうな。プロジェクトは自分と上司の二人きりに戻り、建前上、3人ベースで組まれていたスケジュールを2人でこなすことになったのだ。正直しんどい。正直ベース。増員は無いのかと尋ねたのだが、お金の問題で無いのだそう。予算ベース。